soloで諸国漫遊

キャンプ、ツーリング、国内旅行、時々そのほか

16、Nバンを車中泊仕様にカスタムしてみる

淡路島、九州、GW大遠征での車中泊旅を経て、

やっぱ荷物を積むと寝るスペースが狭くなるなあ……とか、

サンシェードやチェアやテーブルを常に積んでおきたいなあ……とか

もうちょっと基地感がほしいなあ……など思い始めまして、この度「カスタム」ってヤツに挑戦してみることにしました。

と言っても、自分でデザインして、資材を調達して、切ったり繋げたりして、、、といったことが出来るセンスも腕も道具も何も持ち合わせていないのですよ。(^◇^;)

なので、あらかじめNバン用に作られている物を探します。

 

セール期間のポイントアップを狙って、こちらを購入しました。

item.rakuten.co.jp

こちらは大型荷物となるため、宅配ではなく、西濃運輸の営業所に届けられます。

直接受け取りに出向き、土台用のフレームとベッド用の台の2箱を持ち帰って組み立てます。(重い!デカい!)

 

【開始前】

低床の商用車そのまんまですね。

f:id:gui-np:20220616193202j:image

パーツが多い…しかも細かい…💧

説明書を見ながら、土台から組み始めます。

f:id:gui-np:20220616193459j:image

一つ一つのフレームに設置場所シールが貼ってあるので組みやすいけれど、ネジ締めがなかなか大変。

f:id:gui-np:20220616193706j:image

何とか組み上がりました。

マットを敷いていきます。

f:id:gui-np:20220616193926j:image

マットの色はダークブラウンです。

写真では光の加減で薄い色に見えますが、実際はもっと濃いです。

f:id:gui-np:20220616194209j:image

マットを跳ね上げ、大型キャンプギアを突っ込みます。

念願の床下収納スペースが出来ました!

f:id:gui-np:20220616194408j:image

完成です\(^o^)/

広々・伸び伸び、いい感じですねー

助手席には、この状態から背もたれを起こして座ることができます。

床下の高さは約30センチあるので、背の低いコンテナボックスを入れることもできますし、スライドドア側からもまだまだ入ります。

f:id:gui-np:20220619230609j:image

f:id:gui-np:20220619230646j:image

 

ところで、これから夏になりますと、よほど高地でない限り、冷房なし・窓開けて小さな扇風機のみでの車中泊は正直キツイ、というか無理ですよね……

本格的に暑くなる前に、車内の快適度をもう少しアップさせて、次の車中泊旅に臨もうと思います。

 

ではまた

 

(追記)

車で15分ほどの公園でデイキャンしてきました。

f:id:gui-np:20220622094215j:image